前へ
次へ

土地活用プランナーの仕事とは、その資格とは

近年、将来における年金に対する不安要素から、資産を有効活用していく目的として、土地活用の需要が高まっています。
土地活用プランナーの仕事は、土地を有効活用するためのアドバイザー的な仕事内容です。
土地を所有するオーナーの多くは、ビジネスの世界に対してそれほど多くの知識を持ち合わせておりません。
土地を活用するにあたって、何に転換すれば、どれだけの収入が得て、税金に対する知識も無知な場合があります。
総合的なアドバイスができる人材としての、仕事内容になります。
土地活用プランナーの資格を得るには、公益認定を受けた東京共同住宅協会実施の認定試験に合格する必要性があります。
この資格を取得していれば、土地のスペシャリストとして、土地のトラブルにおける調停人としての取得も可能です。
この資格を取得するには、日本不動産仲裁機構の研修を受ける必要性がありますが、研修のみで取得が可能です。
試験の内容は、事業者の立場からとして必要な知識が中心であり、マーケティング、事業の収支に対する知識、土地の権利などが問題として挙げられます。
この資格を取得していれば、実際に自分自身が土地を活用する場合において、力を発揮してくれるでしょう。

Page Top