前へ
次へ

土地活用を始める典型的なきっかけ

土地活用を始めたいと思うようになるきっかけとして最も典型的なのは相続によって親の土地を手に入れたときです。
親が住んでいた家を土地ごと相続して、自分が住むか、売るか、土地活用をするかという選択肢で悩んだときに選ばれるケースがあります。
リノベーションした家を賃貸する、家を解体してしまって更地として貸す、更地にさらに建物を建てて運用するといった方法がよくあるパターンです。
土地活用を始めるきっかけのもう一つの典型例として知られているのが副業を始めたいと思ったというものです。
働き方改革の影響で余暇に副業をしようと考える人が増え、本業と両立しやすい賃貸経営が着目されるようになりました。
そのやり方として土地を買って建物を建て、賃貸経営をして利益を得るという不動産投資がよく着目されています。
長期投資となるものの、老後にも収入を得られる方法として人気です。
土地を相続した、副業を始めたいと思ったときには土地活用を一つの候補として検討してみましょう。

Page Top